メイン画像

著作権の権利が保てる間ですが

著作権の権利が保てる間ですが、作者が著作物を作った時から、普通は著作者の生存、没後に関係しないで、50年間と設定されています。この間は、守られますので勝手に使用不可です。権利の期間が終了したら、その著作物のすべてを変えなければ、許可なく扱うことが出来るようになります。例外として映画は公開してから70年の保護期間が決められています。このように守られていない場合は、本来著作者がもらうべき利益がなく、とんでもないことになっていきます。

いつの間にか、会社やサークルなどで扱っているソフトが、実は不正にコピーされたソフトウェアだったらいかがですか。気が付かないとはいえ、使用した従業員まで罰を受けるのです。その企業、組織は当たり前に、管理した管理職ももちろんそうです。入念に、職場で使用中のソフト類はきちんと調べた方が保身の術なのです。知らぬ間に法に背く行為をしていたなんて最悪ですから、知らぬが仏なわけないのです。自分自身は自分の力で守らなくてはならないのです。

違法にアップロードしている画像や音などよくわからないまま利用したら、不正にコピーしたと言う時点で、法で罪となることとなりました。以前は、第一にダウンロードして内容を少し確認して、趣向に合ったらばっちりと買うという形をとって来た人が不可能になります。悪質にアップロードしたものではなく、きちんとしたものなら大丈夫だと思うのですから。私達は、ダウンロード時は警告などが出てきたら十分注意しなければならないのです。ちゃんと出所を認識して、健全な毎日の生活をしていくべきだと思うはずです。